界面活性剤とはどんなもの?

界面活性剤とは水と油の馴染みをよくするための橋渡しをするもの。 シャンプーや化粧品に配合されていて特にクレンジングなどには多く配合されている傾向があります。


メイクの成分というのはオイルが使われていることがほとんどですから、それをそのまま洗い落とそうとしても水と油は分離してしまいますのでメイクがなかなか落ちません。 しかし、界面活性剤が配合されていると洗い流す際の水とメイクの油分がなじんでくれるので簡単にするっとメイクが落せるわけです。


しかし、界面活性剤にはデメリットもあって、肌に関して言うと肌のバリア機能を壊してしまうということがあります。 肌のバリア機能というのは皮脂や細胞間脂質といったもので形成されているんですが、この肌の脂分を界面活性剤が洗い落としてしまうんですね。


メイクが中途半端に肌に残ってしまうのは肌とっていいことではありません。しかし、実はそれ以上に界面活性剤による肌への負担やダメージというのは大きいといわれています。


日本人女性の多くはクレンジングをしてから洗顔するW洗顔を行っている人ほとんどだと思いますが、この洗いすぎが界面活性剤によるバリア機能の低下を促進して乾燥肌や敏感肌の原因になっているといわれます。 界面活性剤は化粧をきれいに落とすことができるというメリットもありますがデメリットもあるわけです。

界面活性剤の肌への負担を減らすには?

界面活性剤には、石油系界面活性剤と植物性界面活性剤の2つの種類が存在しています。


基本的に化粧品なので「この商品は界面活性剤を配合していません」というのは石油系の界面活性剤が不使用ということであり、界面活性剤自体が使われていないということではありません。 手作りの無添加石けんであっても界面活性作用がある以上は界面活性剤といえるわけです。ここはきちんと覚えておきましょう。


石油系の界面活性剤と植物性の界面活性剤を比べると植物性のほうが石油系に比べて肌への負担は少ないのかなという印象を受けます。ただし、植物性のものであっても 界面活性剤には違いはありませんので、肌に触れる時間が長ければやはりそれは負担になってしまうので注意しないといけません。


クレンジングにかける時間であったり、メイクする時間もなるべく短いほうがいいといわれるのは界面活性剤が肌に触れている時間が短ければ短いほどいいからです。


肌のことを考えるのならば、まずクレンジングをやめられないかどうかを考えてみてください。そのためにはすっぴんが理想ではありますが、 さすがに難しいと思うので、石鹸で落とせる程度のメイクにとどめるようにしてみてください。


どうしてもメイクをする場合も界面活性剤の含有量が多いオイルや拭き取りタイプは使わないなど気をつけることで、お肌に対する負担とダメージを軽減できるので乾燥や肌老化を緩和できると思います。


肌荒れしない化粧下地になるものといえば? 詳細はコチラ
Copyright © 2013 肌荒れしない化粧下地を探している方に使ってほしい“アレ”· All Rights Reserved·